スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

住まいの勉強会 > を聞いて思ったこと

住まいの勉強会 > を聞いて思ったこと

本日は住まいの勉強会があり アドバンスでお茶を飲みながら

寒い冬の暮らし方  というのを勉強しました~

冬のひんやり さようなら
ってことで 頑固おやじがお話ししました。 


    報告はこちら ↓ ↓ ヽ(*´∀`)ノ
第3回勉強会風景


ピカスケはとーぜんながら 興味ありありな課題でした

ヒートショックで亡くなる方が17000人も! 交通事故死の4倍もの人です。

あらためて そんな危険なお家にしてはいけないし、出来ればその事を広く知ってもらい気を付けて頂きたい!!

 前ブログで紹介リンク→ 「ヒートショック」


冬の過し方


そして思うのです!

冬をエコに過ごすには しっかり断熱、気密をとった家で お日様の力で暖めた室内を保つという事。

冬でもお日様が顔を出している日向では体が暖かくなります。

お日様からの赤外線が身体や物に当り熱となっているからです。

家の中で窓ガラスを通して赤外線を取り込み、物を暖めて置く。

直接自分が当たって良いけど、じっとしてられないので;;

熱を蓄えて置ける物体に当てて日が陰ってもじんわりと熱を放射してくれると数時間は有難いですょね

ただ、そんな蓄熱できる物って比重の高い石とかコンクリートとかタイルとかですが。。。

夜の冷え込んだ冷熱も貯めやすいのが難点ですぅ。。。

ピカスケは冷え込む夜は床暖房やパネルヒーターでその蓄熱体を暖めて置こう!

と考えてます。 

自分ちでは スペーシアっていう 真空のガラスの窓から降り注ぐ太陽さんを

晴れの日はカーテンなしで取り込み、床に降り注いでもらってます。

省エネガラス交換

夜は床暖房で温めるのですが。。。だいたい 床暖房は壁際や窓際すぐには入ってない!!!

先日、大阪ガスさんのOさんに窓際に入れて下さい!

と進言しました
そーすれば、夜、窓ガラスで冷やされた空気もすぐに暖められるので

コールドドラフト っていう 室内の暖まった空気が上へと上り窓で冷やされた空気が下へと降りてくる気流が起こりにくくなり

あの嫌な風を無くせるのではないのかと思います。

勉強会では断熱材の施工不良で隙間風があり、壁内結露がおこり、カビが発生して躯体が朽ちるのを写真で見ました。

施工している職人さんも理解しているとは限らないので きっちりと しないとイケないのは当然です

そしてきっちり断熱できている家では 私たちの知恵で工夫で 暖かい冬を過ごしたいものですね







スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。